• ホーム
  • 長期間の外国旅行から帰国した時には不眠症になるかも

長期間の外国旅行から帰国した時には不眠症になるかも

近年、仕事に対して真面目だといわれる日本では不眠症という病気に悩まされる人が多く出てきました。
仕事などで外国に行く機会が多いという人はいるでしょうが、そういった人はよく時差ボケに陥りやすいということが心配されています。
その理由は一過性の不眠症の理由の一つとして、海外旅行などの時差ボケの影響というものが挙げられるからです。

仕事の疲れで引き起こされる不眠症というものもあります。
しかし、疲れていると人間はだるいとか眠いとかの不調を訴えるものなので、どちらかといえば時差ボケの方が不眠症になる確率としては高いのです。
この時差ボケは国内出張では起きません。

では何故時差ボケになるのかというと日本以外の国では一日の時間が日本と違うため、時差ボケになってしまうのです。
これを治す方法は長期にわたってその国の時間になれるしかありません。
というよりも、大体これは病気じゃないので一日から三日程度で治るものだといわれています。

しかし、中には一週間たっても治らないというような人がいるのです。
こういった人は長期間外国にいたせいで不眠症になっている可能性がありますので、一度専門の病院に行ってみることをおすすめします。
市販で睡眠薬など売っていますが副作用が中には強いものがありますので、必ず病院で薬をもらうようにしましょう。

不眠症は一か月間続いたらそうなのではないかというふうに考えられています。
もし心当たりがあるという人一か月間の生活習慣も含めて病院に受診するとき先生に伝えるといいでしょう。
外国に行くということは、体内時間も乱れストレスもたまり、時差ボケも起こしてしまうものになります。
楽しい旅行ですがその後のアフターケアをしっかりするということも重要なことになってくるでしょう。