更新履歴
眠い女性

近年、不眠症に悩む方も増えています。
不眠症になるタイプにはいくつかありますが、年配者より若者に不眠症になる方が多いといわれています。
不眠症になりやすいタイプには、不規則な生活をしている場合、昼夜逆転の夜型生活をしている場合、また、ストレスなどを抱え込んでしまっている場合などです。
これらのタイプが必ずしも不眠症になるとは限りませんが、なりやすい傾向があります。

もし、不眠症になっている場合には、自分がどのタイプなのかを把握し、原因と考えられるものを改善していくことが大切です。
また、不眠症が続くと偏頭痛なども起こることがあるので、毎日しっかりとした睡眠が必要です。

偏頭痛にはボルタレンなどの痛み止めを服用することで、痛みを和らげることができます。
しかし、ボルタレンなどの痛み止め薬で偏頭痛の症状を緩和できても完治させるものではないので、偏頭痛自体を改善するためには専門医に診てもらう必要があります。
近年ではボルタレンの通販サイトが多く存在し、容易に入手できるようになっているので、ボルタレンなどの痛み止めを服用している場合は医師に伝えましょう。

不眠症を改善するには不規則な生活をしている、生活習慣を規則正しくするよう心がけることが大切です。
規則正しい生活をすることで、健康的な生活、病気になりにくい環境作りにもつながることでしょう。
夜型生活をしている場合には、夜更かしすることを控え、できるだけ昼間、外で行動できるように生活を改善していくことが大切です。
日中、太陽の光を浴びることで不眠症の対策になります。
体内時計が乱れている状態を修正してくれる効果が期待できるためです。

また、メロセットなどの睡眠導入剤を飲むと簡単に眠れる場合があります。
何か悩み事などがあって眠れない時期は薬で眠りを誘うのも一つの手です。
布団に入っても、悩み事などでどうしても眠れないのであればメロセットを使いましょう。

またストレスなどを抱え込んでしまうタイプの場合には、ホルモンバランスや自律神経に悪影響を与えてしまうことにもなりかねません。
ストレスを抱え込みすぎてしまうと、うつ病などの精神的な病気にもかかりやすくなってしまうため、できる限りストレスを溜めずに済む方法を考えていく必要があります。
ストレスを解消していくには、気分転換がとても重要なポイントといえるでしょう。
仕事でのストレス、家庭内でのストレスなどをある程度解消していくためには、自分にとって楽しいことをみつけていくことが大切です。
趣味や遊び、スポーツなど休日などは、体を動かしたり、旅行で日常から離れた環境で楽しんだりすることで、ストレスの解消をはかりましょう。

高齢者が不眠症になるケースとして多いのが、腰痛です。
腰の痛みは慢性的なものが多いので布団やベッドが合わないと神経を圧迫し、痛みで眠れなくなることに繋がるからです。
市販の薬などで腰痛を軽減させ一時的に痛みを和らげ眠りにつく場合が多いと言われています。